サラリーマン、家を買う

戸建て購入を決意した、サラリーマンの日記帳

キャッシュレス生活への第一歩を踏み出した話

唐突な話題。このブログでは、住宅ローンの早期返済を目指して日々を暮らすサラリーマンの日常を発信しています。

 

hinata04.hatenadiary.com

 

なぜローン早期返済という目標から、キャッシュレス生活に至るのかということですが、以下のような思考に依ります。

  1. ローンの早期返済に向けて、貯蓄ペースを上げていきたい。
  2. 貯蓄ペースを上げるには、日々の支出を把握し、見直す必要がある。
  3. 日々の支出を把握するには、家計簿をつけることが有効だが、正直めんどくさい。
  4. 家計簿を簡単につける方法として、家計簿アプリとキャッシュレス決済サービスを連携させる方法がある。
  5. キャッシュレス生活への移行により、支出管理・見直しが簡単になり、その結果、貯蓄ペースを上げられるかもしれない。

つまるところ、ラクして家計管理をしたい、というところに尽きます。

 

一方、妻は現金派。キャッシュレス化のデメリットとして、「お金を使った実感がなく、気が付いたら使い過ぎている」みたいな話をよく聞きますが、妻もそのことを心配しています。貯蓄ペースを上げるためにキャッシュレス生活を始めようとしているのに、支出が増えてしまっては本末転倒です。

これまで夫婦ともども、キャッシュレス化の流れに取り残されていましたので、未知の領域に踏み出すことに不安もありました。

 

そこで、キャッシュレス生活の第一歩として、私のお小遣いからキャッシュレス化してみることにしました。何事も、最初は小さな一歩から踏み出すのがよいといいます。幸いなことに物欲はあまりないほうで、お金のかかる趣味もない。お金を使い過ぎる心配は無さそうです。

 

そんなわけで早速、

これらを実施しました。

 

想定する運用方法としては、

  1. お小遣いを給与口座→お小遣い口座に入金
  2. クレジット払いでモバイルSuicaにチャージ
  3. モバイルSuicaで買い物代金を支払い
  4. 家計簿アプリに自動で記帳

という流れです。

そもそもクレジットカードで買い物すればいいじゃないか、という意見もありそうですが、私の支出のほとんどは、通勤中のキヨスクでの昼食購入。クレジットカードよりはSuicaのほうが、支払いがいくらかスムーズかな、という考えです。わりとどこでも使えますしね、交通系マネー。

 

しばらくの間、お小遣いペースでキャッシュレス生活をしてみて、使用感次第で家計管理にも展開していこうと考えています。